真鍮について:真鍮とは

真鍮とは、銅(Cu)が6割亜鉛(Zn)が4割の成分にて配合された合金で黄銅(brass)とも呼び、非鉄金属に分類され350年前から加工しやすく錆びない金属として利用され続けています。
従って水回りには欠かす事の出来ない材料です。

耐脱亜鉛材

真鍮は、砲金より主に脱亜鉛の耐食性に優れていないことにより、真鍮に添加物を加えた形で、耐脱亜鉛材を各材料メーカーにて製作商品化され、特殊用途等に使用されています。
もちろん、当社でも対応しております。

関連記事

  1. 真鍮について:真鍮の快削性

  2. 真鍮について:真鍮の有害物質

  3. 真鍮について:真鍮はリサイクル循環型材料です

  4. 真鍮について:黄銅・青銅の基礎知識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。